>

冬に活用できる保冷剤

湯煎で温めよう

保冷剤を温めて使用する際は、湯煎を使ってください。
40度ぐらいのお湯に、2分から3分ほど入れるだけで温かくなります。
そのまま持っているとヤケドをするかもしれないので、袋などに入れると良いですね。
通常のカイロは、使い捨てになっています。
消耗品なので何度も購入しなければならず、費用が発生してしまいます。

保冷剤は、何回でも繰り返して使用することができます。
出費を防げるので、この方法を選択する人が増えています。
寒い冬に重宝するので、保冷剤を保管しておきましょう。
保冷剤の、温めすぎに注意してください。
温めすぎるとヤケドや、保冷剤が溶けるという事態が起こります。
きちんとタイマーで、時間を計って湯煎すると良いですね。

電子レンジはなるべく使わない

湯煎よりも、電子レンジの方が簡単なので良いと思っている人が見られます。
しかし電子レンジで保冷剤を暖めると、溶けだすこともありますので気を付けてください。
どうしても電子レンジで温めたい人は、まず保冷剤の素材をチェックしてください。
高温に耐えられる丈夫な素材が使われているなら、電子レンジを使っても構いません。
その際は1分から、1分半ぐらい暖めると良いでしょう。

タオルに包んで瞼に乗せると、アイマスクになります。
パソコンやスマートフォンをたくさん使って目が疲れている時に、ホットアイマスクを作ってください。
寝る前にホットアイマスクを使う人が多いですが、そのまま寝るとヤケドをする恐れがあります。
寝る前は必ず外してください。


この記事をシェアする